Pass4TestはIT技術者に向きMicrosoft、Ciscoなど認定試験の問題集を用意しいたします

Pass4Test問題集,IT

70-489日本語テキスト、070-411日本語テキスト

IT業種は急激に発展しているこの時代で、IT専門家を称賛しなければならないです。彼らは自身が持っている先端技術で色々な便利を作ってくれます。それに、会社に大量な人的·物的資源を節約させると同時に、案外のうまい効果を取得しました。彼らの給料は言うまでもなく高いです。そのような人になりたいのですか。羨ましいですか。心配することはないです。Pass4TestのMicrosoftの70-489日本語テキストはあなたに期待するものを与えますから。Pass4Testを選ぶのは、成功を選ぶということになります。

ショートカットを選択し、テクニックを使用するのはより良く成功できるからです。070-411日本語テキストに一発合格できる保障を得たいなら、Pass4Test の070-411日本語テキストはあなたにとってユニークな、しかも最良の選択です。これは賞賛の声を禁じえない参考書です。この問題集より優秀な試験参考書を見つけることができません。この070-411日本語テキストでは、あなたが試験の出題範囲をより正確に理解することができ、よりよく試験に関連する知識を習得することができます。そして、もし試験の準備をするが足りないとしたら、070-411日本語テキストに出る問題と回答を全部覚えたらいいです。この問題集には実際の070-411日本語テキストのすべてが含まれていますから、それだけでも試験に受かることができます。

70-489日本語試験番号:70-489日本語
試験科目:「Developing Microsoft SharePoint Server 2013 Advanced Solutions (70-489日本語版)」
一年間無料で問題集をアップデートするサービスを提供いたします
最近更新時間:2016-01-19
問題と解答:全97問 70-489日本語テキスト

>> 70-489日本語テキスト

 
070-411日本語試験番号:070-411日本語
試験科目:「Administering Windows Server 2012 (070-411日本語版)」
一年間無料で問題集をアップデートするサービスを提供いたします
最近更新時間:2016-01-19
問題と解答:全218問 070-411日本語テキスト

>> 070-411日本語テキスト

 

われわれは今の競争の激しいIT社会ではくつかIT関連認定証明書が必要だとよくわかります。IT専門知識をテストしているMicrosoftの70-489日本語テキストは1つのとても重要な認証試験でございます。しかしこの試験は難しさがあって、合格率がずっと低いです。でもPass4Testの最新問題集がこの問題を解決できますよ。70-489日本語テキストの真実問題と模擬練習問題があって、十分に試験に合格させることができます。

購入前にお試し,私たちの試験の質問と回答のいずれかの無料サンプルをダウンロード:http://www.pass4test.jp/70-489J.html

Developing Microsoft SharePoint Server 2013 Advanced Solutions

SharePoint Server 2013 logo
  • Published: November 20, 2013
  • Languages: English, Japanese
  • Audiences: Developers
  • Technology: Microsoft SharePoint Server 2013
  • Credit toward certification: MCP, MCSD

Design and implement search (15–20%)

Implement Business Connectivity Services (BCS) (10–15%)

Implement user profiles and customize social workload (15–20%)

Implement Enterprise Content Management (ECM) and Web Content Management (WCM) (15–20%)

Design for performance and troubleshooting (15–20%)

Implement Managed Metadata Service (MMS) (15–20%)

Instructor-led training

Exam prep video

Self-paced training

Who should take this exam?

Candidates for this exam typically are technical leads with at least four years of SharePoint and web development experience. The candidates are responsible for designing custom code for projects that are deployed to or interact with SharePoint environments. Candidates for this exam typically are technical leads with at least four years of SharePoint and web development experience. The candidates are responsible for designing custom code for projects that are deployed to or interact with SharePoint environments. A candidate typically has experience in:

  • Selecting an appropriate approach and building customizations in SharePoint.

  • Planning and implementing solution packaging, deployment, and upgrading.

  • Identifying SharePoint data and content structures for customizations.

  • Performing diagnostics and debugging.

  • Planning and designing applications for scalability and performance.

  • Identifying and mitigating performance issues of customizations.

  • Understanding authentication and authorization.

  • Working with Windows PowerShell.

The typical candidate usually also has familiarity with SharePoint capabilities and with online services, such as Microsoft Azure and SharePoint Online.


Related Links: http://www.vinhelp.com/70-489%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9e%e5%be%a9%e7%bf%92%e5%95%8f%e9%a1%8c%e9%9b%86-070-534%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9e%e8%a9%a6%e9%a8%93%e6%83%85%e5%a0%b1/
投稿日: 2016/1/20 7:16:11  |  カテゴリー: Microsoft  |  タグ: 70-489J技術者070-411JバージョンMicrosoft